鶴岡八幡宮で結婚式を挙げるなら「鉢の木 鎌倉ウェディング」

結婚式

【仏前挙式】建長寺での仏前結婚式

建長寺での結婚式は、鉢の木にお任せ下さい。

◆仏前挙式のポイント

お式の内容は各宗派によって多少の違いがありますが、仏前結婚式では、
「お二人がご結婚することを仏様とご先祖様に報告する」が大きな流れになります。
住職より仏教徒としての今後の人生についてお話を受け、記念の念珠をいただき、
お二人が誓紙に署名した後、三三九度の杯を交わします。
お二人が出会い、結婚に至った「ご縁」に思いを馳せ、感謝する、というのが根本の考え方です。

◆建長寺とは

建長5年(1253年)5代執権北条時頼によって建立され、当時の宋から禅僧・蘭渓道隆を招聘し開山された、鎌倉五山第一位の禅寺です。山号は巨福山。境内は国の史跡に指定されています。
1814年建立の法堂(はっとう)は重要文化財で、小泉淳作の筆による雲龍図が有名です。
また、結婚式の会場となる方丈は、別名を竜王殿ともいい、その庭園は夢窓疎石の作と云われています。

建長寺での仏前結婚式は、鉢の木にお任せ下さい。建長寺での結婚式は、鉢の木にお任せ下さい。仏前に感謝を捧げ、結婚の報告をします

建長寺:結婚式


0467-23-3723(婚礼担当)

お問い合わせ